8月 3 2019

七ヶ浜の不動産売却をすすめるのに気をつける点

七ヶ浜の不動産売却をすすめる際は、まず立地環境や販売価格の相場などを自分で調べておきましょう。

業者任せではいいように仲介・買取りされることがあります。

●「一般媒介契約」と「専任媒介契約」を知っておく。

七ヶ浜に限った話ではありませんが、不動産売却の注意点には以下の3点があります。

①売却したい物件の相場や販売価格の平均などは自分で調べる。

②不動産売却には「一般媒介契約」と「専任媒介契約」の2通りがあるが、専任媒介契約はしないほうが良い。

③売却物件の周辺環境は自分で調べておく。

④1社に不動産売却を依頼しただけで即決しない。

主にこの点に気をつければ大丈夫です。

●自分でやるべき準備。

お任せや一任は厳禁。

自分で下調べすべき点を上記に2つ提示させてもらいました。

①と③です。

自分の物件がどんな環境にあって、それは不動産売却上で有利か不利か、それを知っておく必要があります。

同時に販売価格の相場も調べておきましょう。

仲介業者の言われるままになって、不利な取引をしないためです。

また専任契約を結んでしまうと、業者間の競争がなくなって、業者の都合の良い条件で引取られてしまいます。

▽参考記事=不動産売買仲介とは?買取との違いやメリット・デメリットを徹底解説 | ZUU online

●不動産売却をするときは、必ず複数の仲介業者に依頼して競争させましょう。

いい条件かは時間をおいて判断します。

最悪なのは専任契約で1社にお任せしてしまうことです。

悪い言い方をすれば、これでは業者のいいようにやられてしまいます。

必ず複数の業者を入れ、競りのような状況を作り出すのがベストです。

Comments are closed.